展示コーナー

申し込みはこちら
  • My Pallete
    高臨場コミュニケーションと超効率ワークプレース
    詳しくはこちら
  • NTTデータ
    空間データ分析
    ~カメラ1つで空間のどこに何があるかがわかります~
    詳しくはこちら
  • NTTデータ ジェトロニクス
    AIを活用した映像解析技術による新しいゴルフ観戦
    詳しくはこちら
  • NTTデータ カスタマサービス
    FLARE:災害時の衛星・ドローン画像AI分析による被害個所自動診断(グローバルハッカソン優勝作品)
    詳しくはこちら
  • My Pallete
    スマホ決済機能”Bank Pay”に対応「My Pallete」
    オープン・イノベーションの創発を実現するSoE基盤「Open Canvas」
    詳しくはこちら
  • NTTデータ
    データ意味理解AIによる超高度情報管理ソリューション
    iTreasure™
    詳しくはこちら
  • NTTデータ ジェトロニクス
    統合AMLソリューション
    詳しくはこちら
  • NTTデータ カスタマサービス
    IoT技術を活用した駐車場における監視誘導システム
    ― 羽田空港から、高速道路SA/PAへ展開中
    詳しくはこちら
  • グリッドデータバンク・ラボ
    電力データから社会課題の解決や新たな付加価値の創出を目指す
    「グリッドデータバンク・ラボ」
    詳しくはこちら
  • NTTデータ
    RPAの効果を最大化するソリューション群
    詳しくはこちら
  • NeuroAI
    DX時代の最先端技術
    消費者感性を予測する脳解読基盤「NeuroAI®」
    詳しくはこちら
  • AW3D
    全世界デジタル3D地図
    AW3D®
    詳しくはこちら
  • OpenCanvas
    GPSの届かない屋内でも高精度に位置を把握し、施設内ナビや動線把握・分析を可能に
    高精度位置情報サービス
    詳しくはこちら
  • NTTデータ
    リアル店舗での購買体験を変革する「PoT」と
    クラウド型決済総合プラットフォーム「CAFIS Arch」
    詳しくはこちら
  • 日本電子計算株式会社
    デジタル化する顧客接点を全方位し、ビジネスを革新する
    Salesforceの導入から定着化を”プロフェッショナルサポート”で支援
    詳しくはこちら
  • Hamanetsu
    AIとデータが互いに拓く
    「AI・データ民主化」の未来
    詳しくはこちら
  • BizXaaS Office
    セキュリティ×働き方改革
    「ゼロ・トラスト」セキュリティのデジタルワークスペースを実現するBizXaaS Office
    詳しくはこちら
  • NTTデータ
    Design & Technology driven business Transformation with Star
    詳しくはこちら
  • NTTデータSBC
    Edge AIアクセラレータ活用によるどこでもAI
    組み込み型AI画像解析ソリューション
    詳しくはこちら
  • NTTデータ
    アプリからインフラまでフルスタック型の管理を実現する
    NTTデータのマネージドサービス
    詳しくはこちら
  • Altemista Cloud
    大規模システムの高速開発と運用保守を可能とする
    クラウドソリューション「Altemista Cloud」
    詳しくはこちら
  • NTTデータ
    深い意味や関係性を認識する知識グラフ技術
    ― 契約書リスクチェックへの活用
    詳しくはこちら
  • NTTデータ ニューソン
    スマートグラスを活用した
    遠隔作業支援システム
    詳しくはこちら

スマホ決済機能”Bank Pay”に対応「My Pallete」
オープン・イノベーションの創発を実現するSoE基盤「Open Canvas」

・「My Pallete」
国を挙げたキャッシュレス化推進のなか、新たなキャッシュレス化を実現するサービスが期待されています。
NTTデータはこのようなニーズに応えるため、デジタル時代の金融機関アプリ「My Pallete」に、QRコードを活用した新しい送金サービス「Bank Pay」を搭載し、ご利用者さまに新たな決済体験をご提供します。
・「Open Canvas」
様々なシステムでSoEが求められる時代。35年以上にわたり日本国内のバンキングサービスを提供してきたANSERセンタの保有する、「設備・人員・知見」を最大限活用したクラウドサービスで、企業のSoEを実現します。

データ意味理解AIによる超高度情報管理ソリューション
iTreasure™

自然言語処理やオントロジー/セマンティックといった技術を活用し、社内外に存在するあらゆる情報の意味を解釈し、タグ(意味情報)を付与して一元管理をすることで、キーワードベースよりも高度な検索や顧客軸をはじめとした様々な軸で情報を可視化することが可能になります。本展示では、業務効率化はもちろんマーケティング戦略・商品サービス設計・今後のお客様とのコミュニケーション計画立案などトップライン向上に寄与する「iTreasure」をご紹介します。

統合AMLソリューション

近年金融犯罪は益々複雑化してきています。2019年10月~11月にはFATFの対日相互審査が実施されその結果が2020年8月に公表される予定です。
本展示では、AML対応に必須となる統合AMLシステム製品のデモを交えてご説明します。
1.Oculus-filter
顧客情報と各種ウォッチリスト、PEPsリスト等の照合を支援
2.Oculus-monitor
不正取引や、顧客の取引ぶりの変動確認、疑わしい取引の届出を支援
3.Oculus-CDD
顧客の本人確認やカスタマー・デューデリジェンス(CDD)等顧客情報の管理業務フローを支援
4.統合リスク管理システム AML統制モデル
統合リスク管理システム製品のリーダであるRSA Archer Suiteを活用し、統合的なAML管理業務の構築を支援

IoT技術を活用した駐車場における監視誘導システム
― 羽田空港から、高速道路SA/PAへ展開中

「監視誘導システム」は、センサーを活用した駐車場向けのIoTシステムです。
車室ごとに設置したセンサーで満空車判断を行い、入場した車両を円滑に空車場所まで案内が可能な本システムは、現在羽田空港をはじめ関西国際空港、伊丹空港など主要空港駐車場で稼働しています。
また、そのシステムを応用展開し、NEXCO中日本様と共同特許を取得した技術を用い、高速道路のSA/PA(圏央道・厚木PA)に導入中です。
本展示では、実際に車両を検出するセンサーや、車両を誘導するための招き灯などをご紹介します。

電力データから社会課題の解決や新たな付加価値の創出を目指す
「グリッドデータバンク・ラボ」

NTTデータでは、東京電力パワーグリッド、関西電力、そして中部電力の各社と「グリッドデータバンク・ラボ」を設立、電力データを活用し、社会課題の解決や新たな付加価値の創出に取り組んでいます。80を超える企業や地方公共団体の参画を得て、スマートメーター等の電力データと異業種データを掛け合わせて分析することで、さまざまなユースケースを検討し、有用性の検証も進めています。本展示では、グリッドデータバンク・ラボ常駐者が取り組みをご紹介します。

RPAの効果を最大化するソリューション群

現場を起点に変革を起こしているRPA。NTTデータのWinActor®エコシステムは、ユーザー・パートナー数国内No.1を有し、新しいソリューションを生み出し続けています。
本展示では、コラボレーションツール「Microsoft Teams」との連携による新しい働きかたの実現やRPAの利用率を向上する取り組みと、業務の見える化を実現するプロセスマイニング、レコメンドの取り組みをご紹介します。

DX時代の最先端技術
消費者感性を予測する脳解読基盤「NeuroAI®」

近年、デジタル技術の進歩により人の行動データを取得、分析できるようになったため、消費者理解が進み個へのマーケティング市場が拡大しています。こうした消費者中心な考え方がある中で、NTTデータは、人の知覚体験を「脳の情報処理」と捉え、人の感性を予測する脳情報通信技術「NeuoAI」を産学連携で開発しました。NeuroAIを活用することで、企業は商品開発や消費者とのコミュニケーションを効果的に実現でき、より豊かな社会実現に貢献します。本展示では、マーケティングコミュニケーションにおけるコンテンツの改善支援ソリューションと企業のニーズに合わせた取り組み事例をご紹介します。

全世界デジタル3D地図
AW3D®

本展示では、世界中の陸地の起伏を表現しているデジタル3D地図「AW3D全世界デジタル3D地図」をご紹介します。「AW3D」は、JAXAの陸域観測衛星技術衛星「だいち」と米MAXAR社の衛星を活用し、最高で0.5mの解像度まで精度を高めた世界最高精度のサービスです。AI・ビッグデータ技術を活用することで短納期・低コストを実現し、防災・資源・建設・通信・電力分野など、世界120カ国以上で活用されています。今後は自動運転やドローン、5G(第5世代移動通信)などへの活用を視野にさらなる精度向上に向けた取り組みを進めていきます。

GPSの届かない屋内でも高精度に位置を把握し、施設内ナビや動線把握・分析を可能に
高精度位置情報サービス

本展示では、屋内施設を持つお客様に、高精度な位置情報をご提供するNTTデータの高精度位置情報サービスをご紹介します。
昨今、GPSによる屋外位置把握は数10cmの誤差まで精度が向上してきています。
一方で、GPS信号が届かない屋内空間において正確な位置把握、およびその情報を活用するためには、屋内測位の仕組みを導入し、これを利用するためのアプリケーションの構築が必要となります。
NTTデータは、屋内空間における位置情報サービスを実現するための基本機能である、屋内測位機能やスマートフォンなどへ地図を配信する仕組みをセットにしてクラウドサービスとしてご提供します。
このクラウドサービスをご利用いただくことで、施設の訪問者への案内サービス向上から従業員の方の動線把握などによる業務効率化まで、様々なアプリケーション提供を短期間で効率的に実現します。

リアル店舗での購買体験を変革する「PoT」と
クラウド型決済総合プラットフォーム「CAFIS Arch」

近年、小売店舗では、お客さまと直接接することができる店舗での価値向上のために、顧客体験の最大化が模索されています。店舗でのシームレスな購買体験を実現するにあたり、決済は特有の動きが発生することから一連の体験の中で断絶されがちであり、いかにスムーズに行うかが課題です。
NTTデータでは、決済をレジに限らずあらゆる場所で提供可能とする「PoT(Payment of Things)」というコンセプトにより、購買体験になじむ決済のあり方を検討してきました。PoTにより、購買体験の変革のみならず、従業員のレジ業務の効率化を実現し、その分の時間を接客にシフトし、より細やかな、個人や状況に応じた接客を提供することが可能になります。
本展示では、多様な端末形態や決済手段に対応するクラウド型総合決済プラットフォーム「CAFIS Arch」を用い、新たな購買体験を提供する「PoT」の姿をご紹介します。

デジタル化する顧客接点を全方位し、ビジネスを革新する
Salesforceの導入から定着化を”プロフェッショナルサポート”で支援

従来、CRMは顧客の情報を一元的に管理し、営業力強化を目的とすることが主流でした。しかし、デジタル時代において、顧客の情報集約だけでなく、顧客を軸とした顧客接点を集約し、蓄積された顧客情報を活用するCRMが必要です。
本展示では、顧客との接点を全方位し、マーケティング、セールス、サービス、コマースとバリューチェーンを深く結びつけ、企業の成長を支援するグローバルNo.1のCRMであるSalesforceをご紹介します。
NTTデータでは、長年に渡って、Salesforceを様々な業種業界へ提供しています。これらの知見を活かし、営業力強化から拡大し、顧客情報を活かす基盤として、コンサルティング、システム構築、運用まで一気通貫でご提供します。また、業界初の、Salesforceの価値を最大化する戦略立案から定着化支援をプロフェッショナルサービスとしてご提供します。

AIとデータが互いに拓く
「AI・データ民主化」の未来

NTTデータは、お客様のAI・データ活用を起点とした企業変革を支援するため、最先端テクノロジーを有する企業とのパートナーシップを強化しています。
本展示では、DataRobot、インフォマティカ、ThoughtSpotをインテグレートして活用することによる、データ活用の新たなスタイル(=AI・データ民主化)についてご紹介します。

セキュリティ×働き方改革
「ゼロ・トラスト」セキュリティのデジタルワークスペースを実現するBizXaaS Office

NTTデータが提供するBizXaaS Officeは、仮想デスクトップやクラウドストレージなど社員が柔軟な働き方を実現するためのワークスペースと、それらをセキュリティ面で支えるセキュリティ基盤を提供するサービスです。本展示では、これらのサービスが連携したデモをご紹介します。

Design & Technology driven business Transformation with Star

Design & Technology driven business Transformation(仮)は、企業起点で課題を解決するConsultingと顧客起点で新たなビジネス機会を創出するDesign思考、更にNTTデータの強みであるTechnologyとData活用を掛け合わせることで新たな価値を提供します。本展示では、実際のパートナー企業との取り組みから業界の未来を描くコンセプトムービーまで、幅広い事例をご説明します。

Edge AIアクセラレータ活用によるどこでもAI
組み込み型AI画像解析ソリューション

Edge AIアクセラレータが持つ「省電力」「小型・可搬(モバイル性)」「スタンドアローン動作」といったメリットを用いることにより、高価なAIサーバーを用意することなく、移動体、工場、小売り店舗などのこれまで導入が難しかったあらゆる環境で、画像解析AIを簡単・安価にご提供することが可能になります。
本展示では、これらのAIアクセラレータを用いた画像解析AIの参考展示を行います。

アプリからインフラまでフルスタック型の管理を実現する
NTTデータのマネージドサービス

クラウド化が加速する現在では、多種多様なITサービスを複合的に利用することが主流となっています。NTTデータはマルチベンダのシステム開発経験を活かして、アプリケーションからインフラ領域まで統合的な管理を実現するマネージドサービスをご提供します。
本展示では、NTTデータが保有するSIノウハウと先進技術を取り入れたコアエンジンをベースに、クラウド・オンプレミス環境及びネットワーク・セキュリティといったインフラ領域のシステム、各種業務パッケージ・SaaS・業界固有の独自システムまで幅広いアプリケーション領域のシステムを統合管理できるマネージドサービスの全体コンセプトと個々のソリューションデモをご紹介します。

大規模システムの高速開発と運用保守を可能とする
クラウドソリューション「Altemista Cloud」

本展示では、大規模Agile開発のプロセスとしてシェアNo.1のSAFeがもたらす驚異のアジリティと、それを支えるクラウドネイティブ技術、高速リリース技術(DevOps)、PaaS技術(Pivotal Platform)を用いた耐障害性が高くスケーラブルな商用環境をご紹介します。NTTデータが提供するAltemistaを用いて、大規模アジャイル開発において実際にチームがどのように連携して開発を行い、クラウドネイティブ技術をどのように活用しているのかを詳しくご説明します。

深い意味や関係性を認識する知識グラフ技術
― 契約書リスクチェックへの活用

AIに「業務知識」や「経験的な知識」などの意味を解釈させた処理はできないと諦めていませんか?
NTTデータの技術では、ビジネス文書などの複雑な文に対する関係性抽出と教師なしDeep Learningによる構造を考慮した意味付けを行うことが可能です。業務で必要となる知識体系に合わせて意味付け・構造化を行う知識グラフ技術を用いて、「知識」に基づいた判断や予測を実現します。
本展示では、契約書リスクチェックを題材に知識グラフ技術の活用方法と、その技術についてご紹介します。「意味」や「深い関係性」を扱う知識グラフ技術の可能性を是非ご実感ください。

スマートグラスを活用した
遠隔作業支援システム

スマートグラスを通じ、遠隔地からの作業指示、ハンズフリーでのマニュアル確認や現地での撮影を可能にするシステムです。本展示では、最新のスマートデバイスをプレビュー展示し、より保守点検修理業務にフィットした最新バージョンをご紹介します。

高臨場コミュニケーションと超効率ワークプレース

本展示では、VRの特徴である高い臨場感と自在な空間という利点を活かし、働き方を変える仮想オフィス空間の実現に向けた取組みをご紹介します。

■特徴1:高臨場コミュニケーション
自身を再現したリアルなアバターを介して、遠隔同士で対面のようなコミュニケーションができます。
テレワークにおける会議や遠隔での対面接客研修等への活用が期待されます。

■特徴2:超効率ワークプレース
VR空間を活かした一覧性の高い情報閲覧、対話等の人の自然行動による情報検索・操作により、オフィスワークを効率的に行うことができます。また、「リラックスし創造性を高められる空間を提供する」といった応用例も検討しています。

空間データ分析
~カメラ1つで空間のどこに何があるかがわかります~

空間データ分析は、現実世界を三次元デジタル空間に再現し、空間の状態把握や時間変化分析などを実現する技術です。本技術は、インフラ点検や自動運転などの分野での活用が期待されています。
NTTデータは、特にカメラで撮影した映像から、空間に存在する物についてその種類と三次元位置、三次元形状を把握する空間データ分析技術について、技術開発を進めております。これにより、空間に存在する一つ一つの物にRFIDタグなどを付与することなく、カメラ1つで上記の情報を把握することが可能になります。
本展示では、このような技術としてSemantic SLAMを取り上げ、倉庫の棚卸業務への適用を想定し、カメラで棚を撮影することで、どこにどのような商品がいくつ保管されているかを集計するイメージデモをご紹介いたします。

AIを活用した映像解析技術による新しいゴルフ観戦

AIを活用し、映像に自動でタグ付けする映像解析技術と連携する技術を、NTTデータが協賛する全英オープンゴルフの中継映像を用いて、実際の大会において現地で実施したデモです。
中継映像から選手名/ホール番号などの情報を自動抽出、また、プレイヤーの動きを解析することで、ショットの種類、ガッツポーズの瞬間を自動で抽出しています。
お気に入りの選手の映像集をまとめて楽しめるだけでなく、自分の好みのシーンを簡単に選んで視聴することもできるようになるなどの新しい観戦スタイルを体験することができると共に、アーカイブ映像の利活用推進、編集者の負担軽減にも貢献します。

FLARE:災害時の衛星・ドローン画像AI分析による被害個所自動診断(グローバルハッカソン優勝作品)

災害時の衛星画像やドローン空撮画像と地図情報をAIで分析することで、破壊されている、あるいは水没している道路や建築物といった被害個所を広範囲に渡って自動的に診断します。これにより、災害時の救助計画、災害後の詳細調査計画、あるいは復旧計画策定の情報とすることができます。特に被害が広範囲に及ぶ場合、もしくは通行が困難な被災地の状況を、上空から瞬時に診断できるソリューションです。NTTデータのエンジニア達によるプログラミングコンテスト、グローバルハッカソン2018の優勝作品です。